ミディアム認定者インタビュー

2016/12/13

 
ミディアム認定授与式
 
先日、ミディアム認定授与式がスピリチュアルライフカレッジで行われて40代の女性がミディアムとして認定されたにゃ~!
おめでとうございますにゃ~!
 
その方にインタビューを行って講座の学びを中心にとても真摯にお答えいただけたにゃ。
ミディアムシップに興味のある方も、学ばれている方も、ミディアムの方にもぜひ読んで欲しいにゃ。
お名前や顔はプライバシーの都合でお出しできにゃいのでご了承くださいにゃ!
 

ミディアムシップという単語を聞いたことがなかった

私はずっと「ミディアムシップ」という言葉も知らなかったんです。これまで私はスピリチュアルな書籍をたくさん読んできました。ミディアム的なものでは「恐山のイタコ」の話とかをテレビを見たりとか、霊界のメッセージを伝えるというようなビデオも冷やかし目線で見ていました。だから霊界とかミディアムシップには興味がなかったんです。そんな私の前に僧侶だった曾祖父が袈裟(けさ)を着て私の前に現れたんです。どんなメッセージなのか興味があって、調べているうちにミディアムシップと出会いました。
 
 

ミディアムシップとの出会い

最初にヘンリー・カミングさんのところに行ったんですね。その時に、サイキックの能力を向上させるエクササイズの説明があって、“あ、ミディアムシップをやるとオールマイティに全部の能力を上げていく訓練ができるからこれはいいな”と思ったんです。そこでミディアムシップの講座を調べていたら山影ミディアムのセミナーにたどり着いたんです。デモンストレーションや説明を受けて、サイキックやスピリチュアルな能力を高めるにはいいかもしれないと感じました。ついでにミディアムシップの能力も習得できるなら良いかなと思う程度だったんです。でも、実際にワークに臨んで、霊界から愛のエネルギーが下りてくるというのを何度も何度も体感するうちに「これが愛なんだ」という実感が得られたことで本当にミディアムを目指したいと思いました。
 
ミディアムシップとの出会い
 
私はあまり愛に恵まれた生き方をしてこなかったんです。親に疎まれていたとか、すごく小さい頃からいじめにあっていたので、人に対する恐怖心がとても強かったんです。だから“愛ってなんなんだろう”と疑問を持っていた私に、言葉ではなくて、愛のエネルギーが私に入ってきたり、ワークでペアになった方から愛が溢れてくるのを感じて「愛はこんなに素晴らしいんだ」と何度も感動することができました。ミディアムシップを受講前にサイキックとかを学べるツールと考えていたのは浅はかだったなと思います。
 
 

ミディアムシップを学ぶ難しさ

どうしたら山影ミディアムみたいにしっかりとリンクを保ったままでミディアムシップをできるようになるんだろうと悩みました。私がミディアムシップをやろうとすると、思考が入り込んでくる癖があり、これを克服する必要があると感じていました。でもどうやって克服できるのかを考えると思考のスパイラルに陥ってしまうんですよね。ミディアムシップはそういう考えをしながらできるものではありませんでした。私は何度も挫折をしてきました。
三楽舎のベーシックコースを受講している時もとてもつらかった時期がありました。
自分自身は何もできないと思っていたのに、周りから「能力が高くてすごいね。」と言われるのを重く感じて受講するのが嫌になっていたんです。受講されている方は私より秀でている部分をたくさん持っているのに、そんな凄い方々から私が凄いと言われるのはプレッシャーでした。でも“行こう!”と決めて参加すると、愛情をたくさん貰うことができて「アドバンスも受けたい」と思いました。
頑張りたい気持ちはたくさんあるのですが、頑張ろうと思うと“自分”が出てきちゃいます。正真正銘のニュートラル状態になりたくてもなれない葛藤もありました。もともと緊張する性分みたいのもあったので、山影先生や、周りの受講者の支えで卒業することができたんだと思います。
 
 

私は一人じゃなかった

私が葛藤している時に、私の上にいる存在が応援やフォローしてくださっているのを感じるんです。小さい頃から私と親は良好な関係とは言えない状況でした。親から愛をもらえず孤独を感じることも多かったです。でも、目には見えないけれども、たくさんの存在から、たくさんの愛情をもらっているということに気がつくことができて人生が変わったんです。親に愛されなかったり、必要な時期に愛情を貰えなくてつらい人生を送ったりしている人が世の中にはたくさんいると思います。そういう方々が見えない存在からたくさんの愛情をもらっているということを知ることができたら、未来を明るく過ごせると思うんです。私も半分ふてくされて生きていましたが、見えない存在からの愛情だったり、亡くなったシェパードからの愛情をたくさんもらっていたことに気付いたときに、自分のコアな部分、自分自身に愛があることも気づくことができたんです。
私が人生に希望を持つことができたように、ほかの方にも、そういうことをお手伝いできればと思っています。
ミディアムシップを学ぶときは、ただ漠然とミディアムになりたいという時よりも、目標があるとモチベーションが大きく変わってくると思います。
 
私は一人じゃなかった
 
 

一度もこれじゃないと感じることはなかった

チャネリングをしていたことがあるんですが「いったい誰と繋がっていて何のためのメッセージなんだろう」と疑問に思うことがあったんです。いろいろとセミナーや勉強もしてきましたが“これじゃないな”という感覚がその時々にあったんです。ですがミディアムシップの時は違いました。学んでいくうちに愛の素晴らしさや霊界に応援されていることがわかって、霊界のためにできることをやっていきたいと思えるようになりました。わたしは瞑想をしたり、一人で行動するのが好きで、人との関わりは極力避けてきたんですね。そんな私でも人とかかわるミディアムシップを頑張ろうと思える体験をすることができたのは凄いことだと思っています。
 
 

ミディアムシップを学んで起きた変化

実際に起こった変化の一つに主人との関係があります。私は20年くらいヒーリングをしているのですが、主人はヒーリングを受けるのを絶対に断るんです。「練習させて」といっても拒むんですよ。ところが「ミディアムシップの練習台になってくれる?」とお願いしたら「いいよ。」と2つ返事で返ってきたんです。そして、ミディアムシップに挑戦したところ、二人の主人の友人が出てこられたんです。おひとりは主人が若い頃に亡くなった方で、もうひとりは何年か前に亡くなられた方でした。友人とお会いしたことはないんですが、主人から話を聞いていたことが過去にありました。その話がミディアムシップ中に頭によぎってしまい、上からもらった情報なのか、知っているから出ている情報なのか混乱してしまったんです。あまり練習にならないと思い、指導霊さんからのメッセージを受け取ることにしました。すると日本絵画の狩野派の方が出てきたんです。伝わってくるビジョンが凄くて、主人も面白がっていて、すぐにウィキペディアで調べてたらそのビジョンと同じような絵が沢山でてきて私も主人も驚いたりしていました。「また練習に付き合ってくれる?」とお願いしたら「狩野永徳さんまた呼んでよ!」とリクエストをしてきて驚いちゃいました。主人は今まで練習でもなんでもお願いしても拒んでいたのに、主人が私に付き合ってくれるというのは私自身の変化やミディアムシップの能力を認めてくれたからだと思います。この主人との関係の変化がミディアムシップを受講して起きたとても大きな変化だと思っています。
 
ミディアムシップを学んで起きた変化
 
 

ミディアムの認定で受けたエネルギー

ミディアム認定書の授与式の時に不思議な感じがしました。まず、立ち上がったらすごいエネルギーが入ってきて、ちょっと歩くとフラっとするくらいとても大きなエネルギーでした。でもこれは祝福だというのは分かったんです。霊界の方々が笑いながら見守ってくれている感じもありましたが、一番強く感じたのは拍手をしながら祝福してくれているというヴィジョンでした。具体的な言葉としては「自分のやり方で安心して進めていきなさい。」というものだったと思います。霊界が導いてくださるから、自分で小細工するようなことは必要ないんでしょうね。
 
 

今日やっと入り口に立つことができた

 
今日やっと入り口に立つことができた
 
ミディアムとして今、入り口の前に立つことができて、この間口を広げていくのは努力しかないと思っています。ミディアムの認定証を頂く前は、単なる授与式だと思っていました。ただ、授与式に参加してみると一瞬にして全身に鳥肌が立つくらいすごい空間になっていて、山影ミディアムのガイドさんも応援を強く感じましたし、私にとって特別な区切りの日なんだなと思っています。ここまでくるのに紆余曲折、回って、回って、ようやくここに来たという実感があります。この気持ちをいつまでも忘れずに大切にしていきたいです。
 
 

以前から霊をよく見ていた

私が20代や30代の時は幽霊やUFOを見たり、幽体離脱を経験したりしていました。幽霊を見ても怖いものだとは思いませんでした。映画の「シックスセンス」に出てくる血を流している霊を見て、さすがにこういうのが出たら怖いなと感じましたけれど、霊的存在は愛だし、なにかあってもガイドスピリットが絶対に守ってくれると思っています。日本的な怖い霊も、チャネルを合わせてしまうと遭遇してしまうかもしれませんが、たとえ遭遇したとしてもチャネルを切り替えてしまえば大丈夫だと思います。
 
 

誰でも霊界と繋がることができるんです

“ミディアムシップはこんなわたしでもできたんだ”という想いが強いんですね。だから誰でもミディアムになれると思います。私は他の方と自分を比べてしまうときが良くあるんです。でもミディアムはそういうものではないんだということが分かりました。ミディアムが100人いたら100通りのメッセージの受け取り方、表現の仕方があるんです。私は向いていないとか、私はできないとか諦める人もいると思います。私は最初、ミディアムシップで視えるヴィジョンがとてもクリアだったんですが、ある時から不明瞭になったんです。ビギナーズラックみたいなものだったのだと思います。ミディアムの方にお話を聞いてみると、そういうこともよく起こり、それが原因でミディアムの道をあきらめる人もいるそうです。受講中に「私はできないから」、「私は霊感もサイキック能力もない」とお話しされていた同期の方が急に伸びたりするというのを何度も間近で見てきました。人はみんなミディアムシップの能力を持っています。大切なことは、トレーニングでどのように上手く引き出していくかだと思います。なので「できない」と諦めたり、不安にならないでください。山影ミディアムと山影ミディアムを応援している存在が、私たちを引っ張っていって下さるので、ちょっとでも興味があるなら、ちょっとの努力で開花するかもしれませんよ。
 
 
 
 

ミディアム認定制度

スピリチュアルライフカレッジではミディアム認定制度を用意しているにゃ(=^・^=)
ミディアムになって活躍したい方は、ぜひミディアムの認定を受けてくださいにゃ~!
ミディアム認定制度の詳細はこちら:http://www.sanrakusha.jp/archives/986
 
サイキック能力の覚醒とスピリチュアル能力の開花に
興味のある方はぜひぜひご受講くださいにゃ~!

デイリーガイダンス瞑想会

本来あるべき健全な状態へと導く調律瞑想!
とぉっても気持ちよい誘導瞑想はあっという間に終わっちゃうにゃ!
ガイドからの愛に満ちたメッセージも今のあなたに必要な内容♪
詳細はこちら:http://www.sanrakusha.jp/meisoukai

-インタビュー